ソウル模範個人タクシーは皆さんを応援します。!!!
Title
  1. 慶 福 宮 (キョンボッククン)

    国宝第223号に指定されている勤政殿は李氏朝鮮時代初期から歴代の国王の即位式や朝賀を行ったところで、現在残っている木造建物のうちでも韓国最大のものです。
    Read More
  2. 昌 德 宮 (チャンドッククン)

    昌徳宮は1405年、正宮である景福宮の離宮として建造された宮殿で、光海君(クァンヘグン・1571-1641・李朝第15代王)以降、約270年に渡って李氏朝鮮王朝の政務が行われた王の御所
    Read More
  3. ソウルタワ

    1969年にテレビやラジオを首都圏に送信する韓国初の電波塔として誕生して以来、2009年現在まで全国約50%の世帯に電波を送信し続けています.
    Read More
  4. 安東 ( アンドン )

    河回村に現在も住民が住んでいる伝統的な町である。1900年代までは350世帯が住んでいたが今は127世帯が残っていて437棟の建物が建ち、12家屋が宝物 及び重要民俗資料に指定されている
    Read More
  5. 梨川(イチョ ン)

    我が利川市は首都圏の東南部に位置し、四通八達の交通の要地として起業しやすい立地条件を備えており、ハイニックス半導体などの先端事業と、国内第一の米、陶磁器、桃、サンシュユなど、様々な特産物を誇る暮らしやすい都農複合都市です。 大韓民国唯一の陶磁産業特区都市として、世界陶磁器エキスポと2年ごとに開かれる世界陶磁ビエンナーレによって国際的な文化都市として成長し、温泉など特色の有る観光資源で国内外の観光客の皆様からご愛顧いただいております。 今、利川市は新しい跳躍を遂げています。 『市民と共に歩む幸福都市』...
    Read More
  6. 板 門 店 (パンムンジョム)

    はソウルから北北西方向約60kmくらい離れている軍事停戦委員会があるところだ。元の地名はノルムンりであった。1951年10月停戦会談が開城から移して中国語の表現のために板門店と呼ばれた。そこから板門店が由来された。
    Read More
  7. 三 清 閣 (サムチョンカック)

    ウルにこんな場所があったのか」、訪れる人が思わずため息を漏らすほど、の森に囲まれた「三清閣(サムチョンガク)」の敷地内を歩けば、緑の香りが漂い、小川のせせらぎが聞こえてきます。ついさっきまで都会の喧騒の中にいたのが嘘のように思える、心休まる静かな空間です。
    Read More
Board Pagination Prev 1 2 3 Next
/ 3
ご予約代行 サビース
top